活あさりの下処理、保存方法

あさりの下処理、保存方法_あさりの砂抜き

活きたあさりの下処理と保存法についてまとめておきます。

材料

あさりの下処理、保存方法_あさり
  • あさり 適量

作り方

1.あさりを3%の塩水に2-3時間漬け、砂抜きをします。冷暗所に放置しておきます。
あさりの下処理、保存方法_あさりの砂抜き
2.ザルにあけ、1時間放置し塩抜きをします。冬は常温で問題なし、夏は冷蔵庫に入れた方が安全です。
3.殻に汚れが付いているので、殻と殻をすりあわせて流水で洗います。あまり力を入れると殻が割れてしまうので注意です。
4.鍋に水とあさりを入れ、水から茹でます。沸騰する直前くらいで火を止めます。
5.あさりの殻をとり、むき身にします。茹で汁は美味しい出汁が出ているので、ボンゴレなどのパスタや料理に使いましょう。

保存方法と保存期間

メスティン-de-あさりのスープパスタ準備_あさりの剥き身

2-3日中に使い切るなら冷蔵。

すぐに使用しない場合は、剥き身はジップロック等に小分けにして冷凍。茹で汁も使用する分ごとにタッパーなどに入れて冷凍保存しましょう。保存期間は1ヶ月くらいです。

あさりを使用した山レシピ

【山パスタ】あさりのスープパスタ

山レシピ

寒い冬は体が温まるスープパスタが食べたい!というわけで、今回はあさりのエキスがたっぷりつまったあさりのスープパスタを作ってみました! 作り方を動画で見たい方はこちら。 [blogcard ur[…]

メスティン-de-あさりのスープパスタ_完成


【山ごはん】横着パエリア風ごはん

山レシピ

2泊3日新緑の奥多摩縦走の1日目の夜に食べた山ごはん「横着パエリア風ごはん」をご紹介します。酉谷避難小屋でメスティンを使って作りました。 それ炊き込みご飯じゃん!と突っ込まれそうですが、本人はパエリアのつもりで作ってますw […]


【山ごはん】本格パエリア

山レシピ

今まで山でパエリア作るのって難易度が高いよなぁと思い、やってみようという気になれませんでした。 パエリアで問題になるのは、「貝をどうやって山に持っていくか?」ですが、これは「ボンゴレ・ビアンコ」のときに解決済です。業務スーパ[…]


【山パスタ】ボンゴレ・ビアンコ

山レシピ

山パスタ動画3作目を作成しました。 ペペロンチーノ、カルボナーラと2大パスタの次をどうするか悩みましたが、今回は「ボンゴレ・ビアンコ」にしました。 山でボンゴレ・ビアンコを作る際の一番の問題は、あさりをどうやって持って[…]

ソライロノート

あさりは通年出回っていますが、旬は3-5月の春です。水煮缶や冷凍あさりも便利ですが、新鮮なあさりが手に入るときは生きたあさりを使いたいです。旨味、出汁が全然違いいます!

特に下処理をしたときのあさりの茹で汁にはあさりのエキスがたっぷりと出ていますので、これをパスタや料理に入れれば、間違いなく美味しくなります。

剥き身、茹で汁ともに冷凍保存ができますので、ジップロックなどに入れ、使う分量ごとに小分けにしておくと便利ですね。

ご参考になれば幸いです(‘ᴗ’)

5月~8月に作りたい保存食まとめはこちら。

まとめ

5月に入りせっかくのGWですが、緊急事態宣言継続中のため自由に外出はできず、多くの人が家に引きこもって巣ごもりGWを迎えている状況かと思われます。 普段の忙しい日々から考えると、信じられないくらい時間が有り[…]

5月に作れる保存食_親子で保存食
まとめ

緊急事態宣言が解除され、少しずつ外出ができるようになってきましたが、6月に入りもう梅雨の季節です。 6月は祭日もないし、雨も多くて家にこもることが多くて憂鬱・・・ こんな風に思う方[…]

6月に作りたい保存食
まとめ

7月です。 梅雨があければ、いよいよ本格的な夏がやってきます!外に出てアウトドアのアクティビティなどで思う存分、ストレスを楽しみたいですよね。 でもやっぱりウイルスの心配があるから[…]

7月に作りたい保存食_字入り
まとめ

ようやく梅雨が明けたけど、毎日暑いにゃあ 連日猛暑で早くも夏バテモードだわ、食欲も湧かないし、どうにかして~   こんなときは、クーラーの効いたお部屋で保存食[…]

8月に作りたい夏バテを防ぐ保存食

1年を通してどんな保存食をいつ仕込んだらいいのか?ひと目で分かる保存食カレンダー

✓あわせて読みたい

保存食には作るのに適した旬の時期があり、旬の時期に仕込むと一層美味しくなります。カレンダーにしておきましたので、仕込むタイミングを逃さないよう参考にしてください。 まだ作ったことがないけど今後作りたいものも[…]

カレンダー
あさりの下処理、保存方法_あさりの砂抜き
最新情報をチェックしよう!